私立中学等は学習内容が違う

私立中学の中には大学付属の中学が多いです。中学受験だけ乗り越えていけばその先、高校受験もなく大学受験もなく、一定の成績をしっかり取っておけば内部進学が可能という魅力は、受験というストレスを少なくするためにも非常に魅力的です。

私立中学から高校にそのまま上がり、大学進学は受験するという場合でも、私立中学等は学習内容、カリキュラムが公立中学とは違うので受験勉強がしやすくなります。私立中学は公立中学と違い国の指導要領に沿って学年に応じた指導をしていく必要がないため、先取り教育を行っています。

大学付属校など中学から高校まで6年間の教育を筋に指導を行っているところでは、公立中学から高校へ進学する場合の3年単位の教育のように、ぶつ切れ状態の教育ではなく、6年間を一つの枠で指導する事ができます。中学から高校3年までに必要な教育課程を先取り教育でしっかり高校2年までに完了し、高校3年時には大学受験のための勉強に没頭できる環境ができるのです。そのかわり、私立中学では公立と比較してかなり多くの宿題や課題が出され、授業をしっかり聞いていないとおいて行かれるという状態になります。

私立中学と公立中学のお子さんが同じ進学塾に通うと、私立中学のお子さんは早く溶け込むことができるけれど、公立中学のお子さんはかなり時間がかかるといわれるのは、進学塾が先取り教育ありきの指導を行っているからです。私立中学と公立中学の根本的な教育指導の違いを理解し、お子さんにあった進路を決定していくことが重要です。