内部進学というメリット

中学受験を実施する中学の多くが、大学付属校や高校と連携している中高一貫教育です。中には単独で私立中学として存在する学校もありますが、提携している高校を持つなど将来高校となる時、受験が必要ない状態にしている中学校がほとんどです。

公立中学から高校受験をする場合には、内申書の効力を気にしなければなりません。もちろん高校入試がありますので学力テストへの心配もありますが、内申点も大きな幅を占めるものなので、普段の成績や生活態度なども考慮していく必要があります。

中学から高校という一番多感な年代で高校受験というストレスを感じず、内部進学制度や無試験制度を利用して進学できる私立中学等は保護者からとっても非常に高いメリットを持っているといえます。

ただ中学受験がある学校でも、国公立の中高一貫教育を行う学校でも内部進学ができるところがありますが、高校を併設していないという所もあるので注意が必要です。また、連携型一貫校は一定の成績を持っていてもその全員が進学できるという事はなく、中には試験が必要な成績のお子さんも出てくるので、中学受験をしたから高校進学は困らないという事は言えません。志望校設定の際、その先の高校、大学という面も考慮して決めていくことが重要です。