算数は特に難しい

中学受験では算数を重点としている学校が多く、特に難関中学、御三家、さらに超難関私立中学男子校などでは重きを置いています。そのため、中学受験の算数はとても難しく、面積図などを利用して解答する事が必要な問題です。

中学では方程式を習うので方程式で解く事ができますが、小学生が受ける学力テストなのであくまでも小学生が習う方法で解答しなければならず、非常に複雑になってしまいます。大人が出題された算数の問題を見て「本当に中学受験の問題?」と思うような問題です。線分法を利用するなどの解法が頭の中に入っていないと解けません。

中学受験では保護者が勉強の指導をしてはいけないといわれていますが、特に算数は絶対に指導しないようにといわれます。それは、方程式などを理解してしまっている大人が小学生に解き方を教えても、大人の解き方なので間違いになる可能性が高いのです。小学生も塾の先生が指導する方法と保護者が指導する方法が違うとなれば混乱してしまうでしょう。

中学受験において算数はとても重要な科目です。ほかの科目は放っておいていいという事はありませんが、特に算数は点数が下がらないように配慮しておく必要があるのです。計算問題、応用問題両方に強くなっておかなければなりません。