国語力が必要不可欠

中学受験を志すお子さんをお持ちの保護者は多分勉強の事で頭がいっぱいではないでしょうか。中学受験の場合お子さんが志望校を決定するよりも保護者が、中学受験実施校の中で教育方針等に魅力を感じ受験させるという事が多いので、お勉強させなくては合格できない!!とばかりに必死に子供にはっぱをかけているでしょう。

今すでに小学校高学年で受験体制という事なら仕方ないのですが、小学校低学年、中学年であるなら本をしっかり読ませてください。本をしっかり読ませることでどの科目にも共通する読解力、理解力、思考力、想像力を養う事ができます。

これらの力がなぜどの科目にも必要となるのか、というと、中学受験で出題される問題は非常に「理解する事が難しい」問題が多いからです。特に算数、国語はこれらの力を総動員して解く問題が多いのです。算数にしてもスピード、正確性を見極めるたくさんの計算問題のほかに、問題の意図を理解する事が難しい応用問題など国語力、読書力がないと到底解けない問題ばかりです。

中学受験の過去問題についてある程度の時間で理解できるようになるお子さんは、本を読む習慣があり、物語の先を読んだり、想像を膨らませたり、色々な方向性をもって物事を考える力を持っているお子さんです。低学年、中学年のうちにしっかり読書の習慣をつけて、中学受験時の大きな力にしましょう。