親が選ぶ受験?

中学受験はお子さんが決定する事が少なく保護者の意思で決定する事が多いという受験です。首都圏などの小学校でクラスのほとんどのお子さんが私立中学など中学受験を経験するという所ではお子さんが行きたい学校があるという事もありますが、多くの場合親が中学の教育方針や指導内容、施設、先生の充実などから志望校を決定する事がほとんどです。

そのため、中学受験は保護者の受験だといわれるくらいです。保護者が学校説明会などに参加しお子さんの進路を決定するのですから、保護者にとって重要事項ですし、設定した志望校にお子さんをなんとか合格させようと必死になってしまうのも無理はありません。

ただ、勉強するのはお子さんです。特に周りに中学受験を目指すお友達がいない状況だと、どうして自分だけ私立中学に行かなければならないのか、なぜ成績を上げる必要があるのか、塾に行くことが必要なのか、こうしたことを理解していないお子さんも多いです。

親が決めた道だけれど、その先にはこういう事を考えての事だ、自分の将来に必要な事だという事を理解できないことが多いので、勉強にも力が入らないという事が多いのです。そのため、親が学校説明会に行くのと同様に、オープンスクールや体験入学などしっかり参加させ、私立中学の魅力を理解させることが重要になってきます。