金銭的負担は必須

公立中学は義務教育ですから、私立中学ほど費用がかかりません。制服や教科書、体操服などの備品類を購入する費用などがありますが、私立中学と比較すれば安い費用です。公立中学に行く前に、中学の勉強についていけるようにと地域の塾に通うお子さんも多いですが、進学塾などと比較するとその差も大きいものです。

中学受験を目指す場合には、進学塾や自学の為のテキストなどの教材、それに加えて成績があまりいい状態ではないお子さんは、志望校合格をめざし個別指導を取りいれるなどダブルスクールになる事も少なくありません。入学前の準備段階でも公立中学進学とは費用がかなり違ってきます。

私立中学など中学受験を実施する学校に合格した際には入学金や授業料、その他雑費用などを含めるとかなり大きな金額がかかります。学校行事も多く部活も多方面に遠征に行くなど公立中学とは違う活動がありますので、そういった面でも費用がかかってきますので、保護者の皆さんは中学受験準備、入学時、それ以降在学時などもしっかり考慮した費用計画が必要となってきます。

大きな費用がかかっても学力向上や質の高い指導、さらに施設の充実や教育環境の素晴らしさなど私立中学、中高一貫教育校には大きな魅力があります。将来お子さんが充実した学生生活を送る事ができるよう、親もしっかり頑張っていきましょう。