入学後の学習も考慮して

公立中学は国の教育方針に沿った指導を行い、カリキュラムについても学年ごとに決められたカリキュラムで動いています。そのため、親の都合で転勤しても進み具合に若干の違いがあるかと思いますが、それほど大きな違いがないため、どこに転向しても困る事はないでしょう。

私立中学や中高一貫教育校では、独自の教育方針や建学の精神を打ち出し、その方針にそった教育、指導が行われていますので、公立中学とは全く違う特色を持っている中学が多いです。かなり個性的な学校もありますので、中にはお子さんの性格と全く合わず学校に行くのが嫌になってしまうという事もあるようです。

そのため、お子さんの性格、学力をよく考慮した学校選びが重要になってきます。特に学力はしっかり考えておくべき問題です。中学受験で合格を果たし入学しているのですから、中学に入っても問題なく過ごせるという事はありません。ぎりぎりで入学したお子さんは私立中学の先取り教育についていけず落ちこぼれてしまうという子も出てきます。

成績がよく学力も安定しているお子さんでも宿題の多さ、課題の多さ、また行事の多さに体力が追い付かないと悲鳴をあげることも少なくありません。入学後こそ本格的なレベルの高い先取り教育が進められていくのですから、その中でお子さんがしっかりついていけるかどうかという学力も考えて志望校を決めていくことが必須です。