試験対策には様々な方法がある

学校によっても違いがありますが、中学受験を実施する学校は学力レベルが高いところが多く、中学受験を目指すお子さんは志望校に合わせて学力を高め、中学受験に備えなければなりません。そのため、各家庭で学力向上のための対策を考えていくことが重要です。

中学受験というと進学塾に行くことが当然と考える保護者がいますが、進学塾の指導方法に合わないお子さんもいますので、お子さんの学力、性格をよく考慮してどのようなところを利用するかを考えなくてはなりません。

進学塾は大手、中堅クラスなど様々な規模のところがありますが、通常、入塾テストがあり学力に合わせてクラス分けを行います。高いレベルのクラスに入る方が指導力、経験共にある講師がつくため有利ともいわれます。進学塾の中で切磋琢磨できる積極的なお子さんは進学塾に入り成績をぐっと伸ばす事も多いです。

個別指導塾は苦手克服や基礎学力向上のために力になる塾ですし、最近は中学受験に特化した専門的塾も多くなっているため、進学塾同様に利用されるご家庭も多いですし、進学塾の中にも個別指導を行う所も出てきていますので、集団型と個別指導を併用する事もあります。また進学塾と個別指導塾をダブルスクールとして利用するご家庭もあります。

家庭教師は中学受験経験者などに人気が集まっています。経験されている方は中学受験の出題を把握しているので心強いです。指導力がある家庭教師であれば力がぐんと伸びますし、人とのコミュニケーションを取るのが苦手というお子さんには家庭教師や個別指導塾があっているでしょう。