出題傾向をつかむ

中学受験では小学生にとって非常に難しい問題が出題されますが、小学校で受ける教育は<範囲を超えた出題にならないようにと、文部科学省が要請しています。ただ現実的に中学受験で出題された問題を見ると、これは学習指導要綱からはみ出た内容ではないか?と思うような難しい問題が出題されています。

小学校で非常に成績がよく常に上位に位置するというお子さんでも、中学受験に沿った指導内容になっている参考書などテキストを行っていない、また進学塾等に通っていないお子さんについては、合格する事が難しいといわれているのが現実です。もちろん、小学校で習った解き方によって解答するという事が求められますが、問題内容としては中学生が解くような問題だと感じるようなものが多いため、中学受験を実施する各学校の出題傾向をしっかりつかみ、勉強していくことが求められるのです。

正確にスピーディに計算を行うなどの問題も多くなってきていますが、やはり思考力や判断力などを見極める問題が出題される傾向にあります。作業量、また学力を駆使するなんかない問題共に高度になっているという事は否めません。

公立小学校でいい成績を取っていてもいざ進学塾に行ってみると、先取り教育尾を行っている私立小学校のお子さんたちと指導されてきたスピードが違うため戸惑うお子さんも非常に多いです。出題傾向をつかみより効率よく受験勉強できる環境にすることが大切です。