苦手科目は克服しておく

中学受験は現在、主に4科目で行われている学校が多く、2科目受験だった学校も4科目へ移行しています。これまで国語、算数の2科目勉強しておけばよかったものが、国語、算数、理科、社会と多くなったことでお子さんへの負担が大きくなったわけですが、2科目受験を選択できる学校では、2科目に絞った受験ということでかなり難しい問題が出題される傾向にあるようです。

いずれにしても、中学受験は各科目万遍なく点数を取るということが合格への近道となるため、苦手科目がない状態である事が望ましい世界です。中学受験を目指すお子さんに苦手科目、成績が低い科目があるようなら今、しっかり克服しておくべきです。

苦手科目の克服については進学塾でもそのほかの塾でもいいのですが、得意科目は進学塾で、苦手科目は個別指導や家庭教師など徹底して、集中して個人に指導してくれる方法を選択される方がいいでしょう。最近は大手進学塾でも個別指導を取りいれているところがあるので、通っている進学塾にそのシステムがあれば利用しましょう。

なければダブルスクールという状態になり経済的にも負担がかかりますが、苦手科目がある事は中学受験にとってかなり不利となるので、出来るだけ早い段階で克服しておくためにも、何らかの対応策を取らなくてはなりません。費用がかかっても中学受験合格をめざし頑張っているお子さんのため、保護者の皆さんも対応策を考えてみて下さい。